2017-02-19

The Move / Magnetic Waves Of Sound - The Best Of The Move


英EsotericからリリースされたCD+DVDの2枚組セット。

CDの方はベスト盤であって、ムーヴのコンピレーションは今までに数多く出ているけれど、今回のものはレーベル縦断した内容というのがミソ。最近のリイシューを全部フォローしてきた自分にとっては、Harvest移籍後の曲のリマスターのみが新たなもの、ということになるか。
選曲としてはシングルA面全てにいくつかのB面曲やアルバム・トラックとなっています。並びは年代順であり、前半モノラルで後半がステレオ・ミックス。
ひとつ引っかかったのは "Cherry Blossom Clinic" ではなく再演版の "Cherry Blossom Clinic Revisited" が入ったことか。オリジナルの "Cherry~" はシングル・リリースが予定されながらトラブルがあってキャンセルされた、という経緯があるので、こちらの方がふさわしいと思う。一方で "~Revisited" を入れないとセカンド・アルバムからの曲が "Hello Susie" のみになって、バランスが悪くなるというのもわかるのだけれど。
しかし、こうやって時系列の並びで聴いていても、サウンドが重くなっていた時期の曲はいまひとつ好みではないですね。


ディスク2はDVD。今回のセットを購入したひとの多くはこれが目当てでは。現存する全ての映像が網羅されているわけではないし、画質も凄くいいというほどではありませんが、オフィシャルな形での商品化は初めてになるものも入っています。
個人的には初期のライヴ映像がいいですね。特にエース・ケフォードの存在感がバリバリで、メンバーでは一番格好いい。あと、べヴ・ベヴァンのドラムには意外なほど安定感がありますな。
また、収録されているうちで一番尺を取っているのは、定番といっていいBBCの番組「Colour Me Pop」の映像です。レコードに合わせた完全なリップシンクもあれば、(たぶん)生演奏もあり、あるいは演奏だけ先に録って、それに当てぶりしながらボーカルはライヴで、というものも。選曲においてはヒット・シングルにとどまらず、一年後にならないと発表されないセカンド・アルバム「Shazam」からのものや、バーズのカバーなどかなり自由にやっています。
全体としてもグループに関わった全てのメンバー、エース・ケフォードからジェフ・リンまでの映像が入っているのはいいですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿