2012-07-15

Fantastic Baggys / Anywhere The Girls Are!


米Sundazedから2000年に出た、ファンタスティック・バギーズの編集盤。副題には "the best of..." と付いているけれど、1964年リリースのアルバム「Tell 'Em I'm Surfin'」の全曲にシングルオンリーのものや未発表曲を加えたCDです。

ブリル・ビル界隈で活動していた若きソングライター・チーム、P.F.スローンとスティーヴ・バリーは、ジャン&ディーンのレコードでコーラスを務めたり、歌の下手なディーン・トーレンズの代わりにリードを取ったり、あるいは曲提供をしていました。そうしているうち、ルー・アドラーから自分たち中心のレコードを作ることを勧められ、出来たのファンタスティック・バギーズ。純粋にスタジオプロジェクトであって、ジャケットには四人写っていますが、両端二人はメンバーではありません。

音楽的にはビーチ・ボーイズやジャン&ディーンのクローンといって間違いない。アレンジ、曲展開やコーラスの付け方など笑ってしまうくらいそのまんま。また、演奏しているミュージシャンたちも同じであるから、サウンドを似せるのも難しいことではなかったろう。パスティーシュとして聴くならこれ以上のものは無いでしょう。
ただ、そうはいってもP.F.スローンの書くメロディの個性というのは感じられるもので。特に、アルバム「Tell 'Em~」より後に作られたもは曲調が違ってきていて、後のグラス・ルーツでの仕事を思わせるフォークロック風のものもあり、面白い。

オリジナリティを云々されると困りますが、ブルース&テリーやそのプロジェクトであるリップ・コーズなどと並んで、サーフ/ホットロッドものとしての完成度は一級品なのは疑いのないところ。
中でも、このCDのタイトルにもなっている "Anywhere The Girls Are" はバレット・ストロングの "Money" 風のリフとビーチ・ボーイズの "Don't Back Down" を掛け合わせた格好いいロックンロールに仕上がっていますよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿